トップ

学校の屋上の役割について

学校の屋上の役割

学校の屋上は絶景の可能性

学校は様々な場所に立地していますが、静かで勉学に励みやすい環境を整えるために、小高い丘や郊外に立地しているケースがみられます。こうした立地では、屋上からの景色が素晴らしい可能性があります。周囲に高い建物が少ない地域に立地していれば、一般住宅と比べると校舎は高いため、周囲を一望することができます。気持ちの良い空気を味わいながら絶景を楽しむことができます。最近では転落防止などのために屋上への進入が禁止されている学校が多いのですが、実際には侵入防止用の扉が壊れており、生徒が昼食場所として利用するケースもあります。

学校,メイク

屋上を開放するのは危険です

ほとんどの学校には屋上があります。今の大人たちはそこで遊んだ経験があると思います。昔も今も落下などの危険があるのは変わりありませんが、昔は多少おおらかな部分をあって、自由に出入りできました。何か事故があったときには、先生をはじめ学校の責任、管理能力が問われますので、未然に事故を防ぐ事が必要です。同じような遊びはグラウンドでも出来ますので、子供の安全を最優先にして閉鎖するのはいいことです。動作閉鎖するのですから、最近立てられた校舎には屋上がないところもあります。瓦葺の屋根になった校舎が建設されています。

↑PAGE TOP